Hobbit/Lord of The Rings/Warhost

Sat, 06 Apr 2013 04:35:36 JST (3037d)

 WarhostはWhite Dwarf誌314号で紹介された、Lord of The Ringsのゲームで、トーナメントやショップでのゲーム、ピックアップゲームなどで遊べるようにデザインされています。
 このルールはUS Games Workshop公式トーナメント大会やホビーセンターでのゲームのガイドラインとなっています。

 原典(英語)はGames Workshop社のWEBサイトからダウンロードすることが出来ます。

編制

 対戦相手と何ポイントのアーミーで遊ぶかを決定します。大まかに言って100ポイントで大体モデル10体程度(強力なヒーローを入れた場合はもっと少なくなります)が必要となり、500ポイントのゲームで大体2〜3時間程度かかるでしょう。
 あまりにも多くのモデルを使用すると、ミニチュアを動かすのに時間が掛かり、ゲームが間延びしてしまうことが多いため、以下のガイドラインに従って編制すると良いでしょう。

レギュレーション

  • 200〜600ポイントの、善(Good)又は悪(Evil)のどちらかのモデルで編制します。何ポイントで編制するかは対戦相手と相談して決定します。
  • 両軍共に、最大50モデルまでで編制します。
  • 両軍共に、軍勢を率いるヒーローを最低1体含まなければなりません。ヒーロー(複数体いても良い)のポイント合計はアーミー全体のポイントの50%以下になるようにしなければなりません。
  • 悪(Evil)の軍勢はGollumを含んではいけません。善(Good)の軍勢はTom
    BombadilやGoldberryを含んではいけません。
  • アーミーの1/3(33%)を超えるモデルが弓(Bow)/石弓(Crossbow)を装備してはいけません。(重要:Riders of RohanとHaradrim Raidersのモデルのうち、背中に弓矢を背負っているモデルは弓を装備していないものとして扱います。その場合でも同じポイントです。)
  • 名前つきのヒーロー(例:ガンダルフ、ラーツ、ウィッチキング、リングレイス)は1体のみ使用できます。
  • ルールは発行された最新のものを使用します。

ガイドライン

 USのヘッドクォーターでは、キャンペーンを行う際、以下のガイドラインを追加して適用しています。

  • 各Warhostには名前の付いたキャラクターを1体まで(ホビットを除く)しか入れることが出来ません。
  • キャンペーンを行う場合、同じ名前のキャラクターが複数のWarhostにいてはいけません。

シナリオ

 Lord of The RingsのルールブックP.186-191に書かれている4つのバトルシナリオはWarhostで遊ぶのに適しています。
 お互いが同意するシナリオ、又は以下の表に従ってシナリオを決定します。

D6シナリオ
1Scenario 1 The Relief Force
2Scenario 2 Take and Hold
3Scenario 3 Cornered!
4Scenario 4 Pitched Battle
5悪の勢力側のプレイヤーが好きなシナリオを選択
6善の勢力側のプレイヤーが好きなシナリオを選択

 勿論、これにとらわれることなく、自分達で新しいシナリオを作成し、それを使って遊ぶことが出来ます。


戻る