Warhammer Fantasy Battle/ウォーハンマーに登場する種族

Sat, 06 Apr 2013 04:36:35 JST (3092d)

 ウォーハンマー世界に登場する様々なアーミー(種族)を簡単にご紹介します。

ブレトニア(Bretonnia)

 中世フランスをモチーフにした人間の国家です。
 優秀な騎士階級とその領民の兵団から構成されます。
 正々堂々と戦う限り、騎士達が信仰する”湖の淑女”の加護を受け、相手の攻撃からの防御にボーナスを得ることができます。

ケイオス(Chaos)

 殺戮の神コーン、腐敗の神ナーグル、快楽の神スラーネッシュ、妄言の神ティーンチという4大神のいずれかを信仰する、混沌の神々の従者たちの軍勢です。
 デーモン、ビーストマン、ウォリアーといった集団があり非常にバラエティに富んでいます。

ドッグス オブ ウォー(Dogs of War)

 「戦争の犬」と呼ばれる傭兵たちの軍勢です。
 人間を中心としてはいますが、オーガやドワーフ、ハーフリングなど様々な種族の混成部隊です。

レジメント オブ レナウン(Regiments of Renown)

 ドッグス オブ ウォーにも含まれるのですが、傭兵部隊のうち特にオールドワールドで名前の知られた部隊からなる軍勢です。
 それぞれの部隊が個性的な設定をもっており、それを表現したミニチュア造形はファンには堪らない魅力があります。

ドワーフ(Dwarf)

 ファンタジー世界おなじみの髭の小人たちです。
 鍛治師としても有名な彼らは火薬武器や優秀な武器を駆使し、生来のタフさを生かして粘り強く戦います。
 小人ゆえの足の遅さが弱点となることもあります。

エンパイア(Empire)

 中世ドイツをモチーフにした人間の国家です。
 職業軍人を中心とした強力な歩兵部隊と騎士団、ドワーフからの技術供与によって得た強力なウォーマシンなど、様々な兵科がそろっています。

ハイエルフ(High Elves)

 非常に長命で高い戦闘技術と射撃能力をもっていますが、肉体的にはひ弱で防御力に劣ります。
 また、敵を一掃しうる強力な魔法使いがそろっています。

ダークエルフ(Dark Elves)

 もとは同じ種族だったものの、反乱を起こしハイエルフ達と敵対するようになったエルフの一族です。
 強力な射撃力と接近戦能力があり、また、ヒドラやマンティコアなどの魔獣を操ります。

キスレフ(Kislev)

 ウラル以東のロシア(バルト3国)あたりをモチーフにした、人間の軍勢です。
 エンパイアの皇帝と同盟関係にあり、北方からの混沌(Chaos)の脅威に共に立ち向かったり、エンパイアの首都にキスレフ貴族の師弟からなるグリフォンレギオンという騎士団を常駐させたりしています。
 コサック兵のような外見や熊に乗ったキャラクターなど、ブレトニアやエンパイアなど他の人間の国家とは異なった魅力が満載です。
 ゲームとしては、エンパイアの同盟軍として使用することが出来ます。

リザードマン(Lizardman)

 強力な戦闘種族ザウルス、斥候能力に長けたスキンクを始めとする個性的なユニットがあります。
 またコールドブラッド(冷血)ルールにより戦闘から逃げ出しにくいのも特徴です。
 リザードマン(蜥蜴人)の名の通り、トカゲや恐竜が好きな人にはたまらない外見をしています。

オーク&ゴブリン(Orc & Goblin)

 非常に好戦的で3度の飯より戦うのが好きな種族です。
 ウォーハンマー世界のオークはグリーンスキンとも呼ばれ、緑色の肌をした凶暴でありながらどこか愛嬌のある造形をしています。
 アニモスティ(内輪もめ)のルールや、ユニット固有の様々なルールがあり、ゲーム毎にたくさんのドラマが生まれること請け合いです。

オーガキングダム(Ogre Kingdom)

 2005年春発売の新アーミー、オーガ達の軍勢です。残念ながら2005年8月現在、日本国内ではまだ発表されていません。
 生来のタフさとパンチ力で相手の軍勢を叩きのめすことでしょう。
 力強さと愛嬌を兼ね備えたモデルは何人ものプレイヤーの心を捕らえて離しません。

スケイブン(Skaven)

 ウォーハンマー世界のオリジナル種族です。一説には日本をモチーフにしているとも言われています。
 たくさんの氏族に分かれたネズミ人間達の軍勢で、忍者のようなエシン族、機械の扱いに長けたスクリール族、疫病教団のペスティレン族など個性的な氏族があります。

トゥームキング(Tomb Kings)

 エジブトをモチーフにした死者の種族です。
 チャリオットに乗ったスケルトンや大サソリなどエジプトテイスト満載です。

ヴァンパイアカウント(Vampire Counts)

 ヨーロッパの吸血鬼をモチーフにした死者の軍勢です。
 死せる騎士達を率いるブラッドドラゴン家、グール達の王ストリゴイなど個性的な5つの血脈があり、それぞれの特徴を表現したスペシャルルールがあります。

ウッドエルフ(Wood Elves)

 その昔世界中を旅していたハイエルフ達のうち、ロゥレンの森と呼ばれる大森林に定住した一族の末裔です。
 ツリーマンやドライアードなどの妖精達や、射撃に長けたエルフ達からなる軍勢で、時には相手を躱し、時には相手の急所を痛撃するタクティカルなゲームを楽しめることでしょう。

 その他にも、2004年のストームオブケイオスキャンペーン、2005年のラストリアキャンペーンなどで、様々なアーミーの新編成アーミーが紹介されています。


戻る