Warhammer Fantasy Battle/Battle Record 2006

Sat, 06 Apr 2013 04:36:24 JST (2761d)

対戦記録

500Pts戦

DatePlaceMy ArmyResultOpponent PlayerOpponent Army
Mar/4直営店EmpireWin野原さんDwarf
 仕事で東京にいらっしゃった野原さんと対戦。新ドワーフとの初対戦ということで、どんな展開になるか興味津々で編制してみた。基本どおり、ナイト1レジメント、ランク歩兵1レジメント+デタッチメント、射撃ユニット1レジメントのバランス編制を取り、相手の出方を見る。
 野原さんの編制はサンダラー、ウォリアー、スレイヤーとボルトスロワー無し編制だったので、騎兵の機動力を生かして戦えそうな雰囲気。
 先攻を取れたので、相手のサンダラーをハンドガンナーで射撃して数を減らしつつ、テレインに隠れるようにしてナイトを一気に前進させる。そのままハンドガンナーでサンダラーを削りつつ歩兵同士の対戦に持ち込もうとする。回り込んだナイトを狙ってウォリアーが180度向きを変えたので、ソードマン+ハルバーディアでスレイヤーに突撃し2ラウンドで殲滅する。
 逃走するサンダラーを屠ったナイトの側面にウォリアーが突撃を宣言したが、ここは逃走を選択し態勢を整えることに。ぎりぎり戦場端1cmのところで踏みとどまり、次ターンには再集結に成功。
 ソードマンがウォリアーの後方から突撃しようとしたところ、「誓いの石」の効果でランクを失わず、殴り合いに。セインにソードマンチャンピオンが殴り殺され、リザルト負けして逃走するも、相手は追撃できないため、無事逃げ切り、その後再集結に成功。そのまま6ターン目を迎えゲームは終了となった。新ドワーフの新しいルールの一端を見ることが出来て非常に楽しいゲームだった。

1000Pts戦

DatePlaceMy ArmyResultOpponent PlayerOpponent Army
Oct/01SMDEmpireLossざんじさんDogs of War
 今日は手持ちミニチュアが少なかったので、なんとかかき集めて1000Ptsのアーミーを編制。戦巧者のざんじさんを相手にするには甚だ心もとない兵力(笑
 7版変更点を実感すべく、戦場に建物を配置したり、BSBを編入したりして遊んでみた。
 序盤はお互い射撃(とざんじさんは魔法)の打ち合いとなったが、そろいも揃って出目がタコり、いまいちぱっとしない戦況。
 中盤、建物を巡る攻防では、RoRキャラクターのいるブラガンザ隊にハンドガンナーが1ラウンドで建物からたたき出される。さらにブレイクテストで虎の子のナイト隊とソードマン隊がパニック(苦笑)し、一気にざんじさん優位の展開に。
 ナイトが活躍しないままターンばかりが過ぎ、せめて射撃で相手ペガサス騎乗ジェネラルを落とせば勝利できそうなところで、またまた出目が・・・。
 最後は、乾坤一擲パイクマンにソードマンが突撃をかけるも、順当にソードマンが倒され敗北。

<今日の教訓>
・500Pts戦くらいしかしないつもりでも、1000Ptsをまともに組めるようにミニチュアを用意しておく
・建物の攻防は、攻城戦とおなじくヒーローが重要(徒歩戦闘キャラクター入れるか?)
・パイクマンは対騎兵ユニットではなく、対歩兵ユニット(笑)
DatePlaceMy ArmyResultOpponent PlayerOpponent Army
Oct/22大泉イベントEmpireWinあっきぃさんVampire Counts
 7版初プレイのあっきぃさんと新ルールを確認しながらのエンパイア対VCの1000Pts戦。
 左翼側からナイト(徒歩ウィザード合流)、ソードマン(キャプテン、BSB合流)、デタッチメントハルバーディア、ハンドガンナー、ピストラーの順に配置。
 対するあっきぃさんは私から見て、ブラックナイト、スケルトン(レイス合流)、ゾンビ(ネクロマンサー合流)、ダイアウルフ、グールの順に配置。
 VC側先攻でゲームを開始。1ターン目に全軍が前進してくるVCに対し、エンパイア側は丘の上に陣取ったハンドガンナーを軸に、ピストラーは前進、ナイト、ソードマン、ハルバーディアは後退と時間差攻撃を狙う。金属魔法でブラックナイトチャンピオンを倒し、ピストラー、ハンドガンナーの射撃でダイアウルフとグールを削る。
 2ターン目もさらに前進してくるVC側。バウンドスペルでピストラーが削られるも、パニックテストには成功。アーカンの書による突撃を警戒してナイトはさらに後退する。ピストラー、ハンドガンナーの射撃を集中してダイアウルフを殲滅する。近くにいたグールがパニックし、逃走を始める。これで右翼側はなんとか支えきれそうだ。
 3ターン目、さらに前進してくるVC側。魔法でピストラーがついに全滅し、混戦模様となる。ナイトがブラックナイトに突撃を宣言。恐怖テストにも無事成功し、接近戦の出目も良く1ターンで殲滅に成功する。中央部は歩兵同士のにらみ合いとなる。
 4ターン目、グールは相変わらず再集結テストに失敗し、ついに戦場外へ離脱。ハンドガンナーはナガッシュの凝視(スペル)で損害を受けパニックしてしまう。バウンドスペルでダメージを受けたソードマンもうっかりパニックしてしまうが逃走距離の出目は1,1で。ナイトは方向転換し、敵歩兵隊の側面〜後方を狙う構え。
 5ターン目、スケルトンはナイトの方に向き直り真っ向から戦う構え。ゾンビはさらに前進し、こちらの歩兵隊に圧力をかけてくる。ハンドガンナー、ソードマンは再集結に成功した。ハンドガンナーは魔法でさらに削られるも辛うじて踏みとどまる。ソードマンはバウンドスペルで削られ、またもやパニック。辛うじて戦場端で踏みとどまった。
 6ターン目、突撃の宣言時に、後続の再集結フェイズでソードマンが再集結できるかどうか、ナイトが不利覚悟の上でスケルトンに突撃するか、でしばし悩むも、結局ナイトは突撃せず。再集結テストで無事ソードマンが再集結に成功し、ゲーム終了。
 ポイント計算の結果、400点強の差で勝利。

1500Pts戦

DatePlaceMy ArmyResultOpponent PlayerOpponent Army
Aug/24大泉イベントVampire CountsLossスノットさんWood Elves
 GWJ主催のGTへの調整戦ということで1500Ptsでの対戦。こちらはネクロマンサー3体の重魔法編制。
 序盤右翼のフェルバットをドゥームアローで殲滅されるも、左翼側は押し気味に進む。柵の向こう側に潜むグレイドガードをダイアウルフとフェルバットで殲滅し、そのまま右翼側へスイング。ワイルドライダーは済んでのところで機動をミスしてスケルトンによる拘束をかわされる。中央を進んだブラックナイトはツリーマンとの対決を嫌い、右翼側にスイングしグレイドライダーに突撃を宣言。リアクションは逃走。続く魔法フェイズに魔法を立て続けにキャストして相手のディスペルダイスを使い切らせ、ここぞの時の秘密アイテム、ブックオブアーカンでツリーマンを掠めて森の中のキャラクターに突撃。相手はリアクションで逃走を選択し、その結果隣のウィザードへ移動が届くことになり、ウィザードも逃走を宣言。
 そのままキャラクター2体は再集結に失敗し続け盤外へ。
 その代償としてブラックナイトの後背をツリーマンに向けてしまったので、続くターンに向き直る。そのままツリーマンと接近戦をしているうちにこちらの右翼を掃討したドライアドが加勢に来てブラックナイトは全滅。
 左翼側をすり抜けたワイルドライダーの視界外に移動したジェネラルの魔法で殲滅するも、ツリーマンのルートアタックでジェネラルが死亡し崩壊の序曲が響きはじめる。
 終盤は崩壊チェックに耐えながらなんとか凌ごうとするも結局250ポイントくらいの差で敗北。久しぶりの対戦で色々と勘が鈍っていたのは我ながら残念。

3000Pts戦

DatePlaceMy ArmyResultOpponent PlayerOpponent Army
Jan/7やすえ邸LizardmanDrawやすえさんChaos
 今年のWH初めはやすえさんとの3000Pts戦。昨年末に交わした「接近戦よりの編制で3000Pts戦をやりましょう」との約束を果たすべく、魔法を最低限に絞った編制を持っていったら、ヘルキャノンだとかケイオスドラゴンとか出てきて大変なことに(滝汗)。
 マローダーやフューリーをサラマンダーで焼きつつ、白兵戦の準備をしていたら、肝心要のところでサウルスキャバルリーが愚鈍して、相手アタックユニットに側面を晒すことに。結果としてジェネラル合流の我が主力打撃部隊が壊滅し、負けを覚悟したところで、最終ターン裏にサラマンダーの射撃がチョーズンウォリアーをパニックさせることに成功し、辛うじて引き分け(150Pts勝ち)。
 やすえさんの出目が普通だったら(1,2がものすごい数出てました)大敗しているところでした(汗

4000Ptsタッグマッチ戦

DatePlaceMy ArmyResultOpponent PlayerOpponent Army
Oct/15ジキル邸LizardmanDrawジキルさんChaos
 タッグの組み合わせは私(アルトドルフ)とかねこさん(アベルランド)のエンパイア対ジキルさん(ビーストマン)とタムさん(モータルアンディバイディド)のケイオス連合。戦場にテレインを配置後、いざアーミーの配置。
 両軍合わせて1600Ptsのミニチュアが並んだ戦場は、大量のランク歩兵騎兵に加えて、ジャイアントあり、グリフォンあり、スチームタンクあり、シャゴスあり、の壮観なる戦場となりました。ちなみに初期配置が終わるまでに2時間近くかかった。
 序盤、エンパイアのグレートキャノンが火を噴き、ケイオスナイトを吹き飛ばしたり、ジャイアントにダメージを与えたり、と射撃力に勝るエンパイアの優勢な展開。カールフランツとアベルランドエレクターカウントのグリフォンコンビでべスティゴール隊を正面から撃破したり、その余勢を駆ってヘルキャノンを一撃粉砕したりと、エンパイア側はやりたい放題。
 中盤になってようやく戦線に到達したケイオスの主力歩兵がエンパイアのランク歩兵と激戦を繰り広げる。クロムのスペシャルルールでオーバーダメージ5を受けたソードマンチャンピオンのせいもあり(クロムのルールが良く判ってなかったのでチャンピオンで受けましたが、装甲の硬いエレクターカウントで受けるべきでした)、さすがのグリフォンバナーでも支えきれずにアルトドルフソードマン隊がブレイク。隣のアベルランドソードマンも接近戦に敗北してブレイクし、一気に戦線中央に大穴が・・・。
 終盤は生き残った大物をお互いに狙って戦闘が繰り広げられ、一進一退の攻防となりましたが、レイクスガードナイトが牽制の動きしか出来ずに戦闘参加しなかったこともあり、エンパイア側の200点負けでの引き分けの結果でした。

通算成績

500Pts戦

Dwarf
Empire1勝0敗0分

1000Pts戦

Dogs of WarVampire Counts
Empire0勝1敗0分1勝0敗0分

1500Pts戦

Wood Elves
Vampire Counts0勝1敗0分

3000Pts戦

Chaos
Lizardman0勝0敗1分

4000Ptsタッグマッチ

Chaos
Empire0勝0敗1分

年間通算勝敗

ArmyWinLossDraw
Empire212
Lizardman001
Vampire Counts010
通算223

戻る