Warhammer Fantasy Battle/Warhammer Warbandを遊んでみよう

Sat, 06 Apr 2013 04:36:34 JST (2761d)

Warhammer Warbandとは?

 ウォーハンマーのアーミーを小規模にすることで、ウォーバンドを拡張しながら通常のウォーハンマーのゲームを遊べるようにしよう、というものです。
 アーミーと呼べるほど規模は大きくないですが、ウォーハンマースカーミッシュやモードハイムのように個々のモデル単位ではなく、ユニット単位でゲームを行います。

 Warhammer WarbandのPDF版ルールはこちらからダウンロードできます。(Games Workshop社のオフィシャルサイト)

Warhammer Warbandのルール

 Warhammer Warbandでは、通常のWarhammer同様にユニットは隊列を組み、ランクやスタンダード、側面からの攻撃などのコンバットリザルトを出し、通常のWarhammerのルールに従ってゲームを行います。
 唯一の違いは、ユニットの最小構成モデル数とキャラクターやユニットの編成ルールだけです。
 Warhammer WarbandのルールでWarbandを拡張しながら遊んでいくと、じきに通常のWarhammerのルールで遊べるようになっていきます。

Warband編成のルール

ユニットサイズ

 Warbandにおけるユニットの最小構成モデル数は以下の表のとおりです。

モデルのベースサイズ最小構成サイズ
20mm×20mm
25mm×25mm
3モデル
25mm×50mm2モデル
40mm×40mm以上1モデル

Small Warband(1-199Pts)

 Small Warbandは以下の編成制限が適用されます。

  • Warhandには最低2ユニットのコアユニットを含んでいなければならない
  • Warbandは最大8ユニットまでで構成する
  • ユニットの最大構成モデル数のルールに従わねばならない
  • ユニットに武器と防具以外のアップグレード(コマンドグループ、インナーサークルやチョーズン、ビガンズなどのステータス変更があるもの、Undivided以外のマークなど)を行う場合は、アーミーブックに記載されている最小構成モデル数を満たしていなければならない。
  • Warbandには以下のものを入れてはいけない
    • スペシャルユニット
    • レアユニット
    • ロードキャラクター
    • ウォーマシーン
    • チャリオット
    • 飛行モデル
    • マジックアイテム(ドワーフのルーンやブレトニアの証、ヴァンパイアカウントの血脈やリザードマンの祝福などを含む)
      ※ユニットのモデルが初期装備で持っているマジックアイテム(ケイオスアーマー、ワイトブレード、ワープウェポン)は除く
  • Warbandを率いる75PtsまでのCommanderを1体編入しなければならない。ヒーローキャラクターがいればヒーローが、そうでない場合ユニットのチャンピオンがCommanderになるが、ユニットチャンピオンはユニットから離れることは出来ない。
  • Commanderはルール上ジェネラルとして扱う。(ヴァンパイアカウントとトゥームキングはスペルキャスターを編入しくてもよい)
  • アーミーブックに記載されているあらゆるユニット数制限(0-1制限など)に従わねばならない

Large Warband(200-500Pts)

 Large Warbandは以下の編成制限が適用されます。

  • Warhandには最低2ユニットのコアユニットを含んでいなければならない
  • Warbandは最大10ユニットまでで構成する
  • ユニットの最大構成モデル数のルールに従わねばならない
  • ユニットに武器と防具以外のアップグレード(コマンドグループ、マジックバナー、インナーサークルやチョーズンナイト、ビガンズなどのステータス変更があるもの)を行う場合は、アーミーブックに記載されている最小構成モデル数を満たしていなければならない。
  • Warbandには、スペシャル1ユニットまで、レア1ユニットまで入れることが出来る。レアユニットを入れない場合、スペシャル2ユニットを入れてもよい。
  • Warbandにはヒーローを2体まで入れてよい。但し、全装備を含めたヒーローのポイントコストが150Pts以下でなければならない。
  • Warbandにはロードキャラクターを入れてはいけない
  • Warbandには1体のCommanderモデルを入れなければならない。Commanderのルールは上記のSmall Warbandの記述に従う。
  • Warbandには、ウォーマシンまたはチャリオットを1つ編入できる。但し、1枠で複数編入可能な場合でも1つだけしか編入できない。(例]スピアチャッカやハイエルフチャリオットなど)
  • Warbandには1つまでの飛行ユニットまたは飛行モデルを編入できる。
  • アーミーブックに記載されているあらゆるユニット数制限(0-1制限など)に従わねばならない

アーミー別編成制限

 アーミー毎に以下の編成制限を適用する。

Bretonnia

  • Battle Standard Bearerを入れなくてもよい
  • アーミーブックの最小構成モデル数を満たしている場合、追加コストなしでナイトユニットはチャンピオンを編入してよい

Horde of Chaos

  • Mortal、Beast、Daemonアーミー共、通常ルールの制限どおり他のタイプのユニットを編入できる。(例:MortalアーミーにBeast of Chaosを編入するなど)
  • Daemonには150Pts以下のキャラクターがいないため、Small Warbandの場合、Daemon Warbandは自動的にBloodhowlerがCommanderになる。Large Warbandの場合、Bloodhowler、または、Chalice of Chaosを装備したMortalキャラクターがCommanderになる。
  • 5モデル未満のHorrorにはFlamerを編入できない。
  • 5-9モデルのHorrorには2体までのFlamerを編入できる。
  • 10モデル以上のHorrorには4体までのFlamerを編入できる。
  • DaemonのCommanderを入れない場合、Large WarbandではDragon Ogre Shaggothを編入できるが、Shaggoth Championを入れてはならない。
  • Spawnは1モデルで1レアチョイスとする。

Dark Elf

 WD誌286号で紹介されたアップデート後のアーミーブックを使用する。

Dogs of War

  • Pay Masterを編入しなくてよい。
  • Regiment of Renownを1ユニットまで編入してよいが、ユニットの最小構成モデル数、最大構成モデル数のルールに従わねばならない。
  • キャラクターの含まれているRegiment of Renownを編入する場合、他のキャラクターは編入できない。また、そのキャラクターが自動的にCommanderになる。
  • アーミーの特殊ルールで許されていない限り(SlayerアーミーでのLong Drong Pirates、Grimgor ArdboyzでのRuglud's Armoured Orcなど)、他のWarbandではDogs of WarやRegiment of Renownのユニットを編入できない。

Dwarf

  • Dragon Slayer、Giant SlayerはCommanderになれない。
  • Hammererチャンピオン以外のユニットチャンピオンがCommanderの場合、HummererのBodyguardスペシャルルールは使用できない。

Empire

  • Detachmentは最小ウォーバンドユニット数にカウントする。
  • Detachmentは最小3モデル必要である。

High Elf

  • Intrigue courtのルールはヒーローが2モデルいる場合のみ適用する。それ以外の場合はプレイヤーが自由にCommanderを選択してよい。
  • Pure of Heartは持たせなくてもよい。

Lizardman

  • Southlandアーミーリストを使用してもよい。

Orc & Goblin

  • Common GoblinとNight Goblinのユニットは10体以上いればコマンドグループを編入してよい。
  • 10モデル未満のNight GoblinユニットはFanaticを編入できない。
  • 10-14モデルのNight GoblinユニットはFanaticを1体編入出来る。
  • 15-19モデルのNight GoblinユニットはFanaticを2体まで編入出来る。
  • 20モデル以上のNight GoblinユニットはFanaticを3体まで編入出来る。
  • Black Orc Big Bossはヒーロー枠を2つ使うので、他のヒーローを編入できない。

Skaven

  • ClanratとClanrat Slaveのユニットは10体以上いればコマンドグループを編入してよい。
  • Mainstayのルールは適用する。ClanratユニットがMainstayになるためには10モデル以上いなければならない。
  • Warpfire Thrower、Ratling Gun、Warp-Lightning Cannonはウォーマシン扱いとする。よってSmall Warbandには編入できず、Large Warbandでもいずれか1体しか編入できない。

Tomb Kings

  • Warbandのルールに従い、Commanderを決定する。CommanderはジェネラルとHierophantを兼任する。
  • Commanderが死亡した場合、crumbleのテストを行う。

Vampire Counts

  • Warbandにウィザードを編入しなくても良い。
  • Commanderが死亡した場合、「塵と化す」テストを行う。

Wood Elf

  • Warbandのゲームでは、ピッチバトルの際に得るボーナスを得ることは出来ない。
  • Blade weaver、First DancerはCommanderになれない。

シナリオ

A Little War

背景

 それぞれのWarbandを率いるライバル同士のCommanderが対決する。
 お互い相手の目的を知らないまま、自身の目的を果たすべく、敵Warbandを殲滅しようとする。

戦場

 4フィート×4フィート
 テレインは双方のプレイヤーが同意する方法で配置する。

初期配置

1 両プレイヤーはD6を振る。出目の高い側がテーブルのどちら側に自Warbandを配置するか決定し、1ユニット配置する。
 相手はテーブルの反対側に配置する。
2 両プレイヤーは交互に1ユニットづつ自軍側戦場端から12インチ以内に配置していく。
3 ユニットチャンピオンは常にユニットと同時に配置する。
キャラクターはユニットに合流する場合はユニットと同時に、そうでない場合はユニットの1つとして配置する。
4 スカウトやその他配置のスペシャルルールを持つユニットは、当該ルールに従って配置する。

先攻後攻の決定

 両プレイヤーはD6を振る。出目の高い側が先攻後攻を決定する。

ゲームの長さ

 6ターン

シナリオスペシャルルール

「知られざる目的」
 ゲーム開始前に、両プレイヤーはそれぞれ相手から見えないようにD6を振り、以下の表を参照する。当該項目がプレイヤーの「知られざる目的」となる。

出目目的
1暗殺
敵WarbandのCommanderを殺害する
2侵略
敵初期配置エリア内に、自軍Warbandの初期ユニットストレングスの1/3の兵力を進入させる。逃走中のモデルは兵力として数えない
3軍旗奪取
敵のスタンダードを1つ以上獲得し、ゲーム終了時まで保持する。
敵がスタンダードを持っていない場合、自分の出目を公表し、別の「知られざる目的」を自由に選択する。
4殲滅
敵Warbandをゲーム開始時のユニットストレングスの1/2以下まで減らす。
ゲーム終了時に逃走しているモデル、闘争の結果戦場外に出てしまったモデルも破壊されたものとみなす
5領域保持
戦場を4分割し、相手より多くのエリアを確保する。
エリアを確保するためには、ユニットサイズ以上の自軍ユニットがおり、敵の生きているユニットがいない状態でなければならない。
単独キャラクターはエリアを支配できない
6自由選択
本表の1-5のうち好きなものを選択する。

 この目的を達成した場合、プレイヤーは追加の勝利ポイントを獲得する。

勝敗の決定

 ゲーム終了後、以下に従って獲得点を計算する。

条件獲得点
敵ユニットを破壊
敵ユニットが逃走中、敵ユニットが戦場外へ逃走
ユニットのポイント
ユニットストレングスが開始時の50%未満1/2ユニットのポイント
「知られざる目的」が暗殺で、敵Commanderを殺害+100
「知られざる目的」が軍旗奪取で、ゲーム終了時に確保していたスタンダード1本毎に+100
「知られざる目的」が領域保持で、ゲーム終了時に確保していたエリア1箇所毎に+100
「知られざる目的」を達成ゲーム開始時の敵Warbandの合計ポイントの20%

 次節の勝敗決定表を参照し、ゲームの勝敗を決定する。

勝敗決定表

VP差/アーミー規模〜99100〜199200〜299300〜399400〜500
0〜24DDDDD
25〜49VVDDD
50〜74VVVVD
75〜99MVVVV
100〜149MVVVV
150〜199MMMVV
200〜MMMMM
(D:引き分け V:勝利 M:殲滅)

戻る