Aeronautica/拡張ルール

Sat, 06 Apr 2013 04:34:54 JST (2384d)

拡張ルール1 弾薬

 航空機の武器に弾薬数のデータがあります。これは補給せずに何回攻撃できるかを表しています。
 その武器を射撃するたびに残弾薬数を-1します。残弾薬数が0になるとそれ以上射撃できません。
 弾薬数が"ul"となっているものは、弾薬制限なしです。

拡張ルール2 パイロットスキル

初期スキル

 全てのパイロットは以下の表のとおりのスキルレベルを持ちます。

アーミースキルレベル
Chaos5+
Ork5+
Imperial Navy4+
Tau4+
Space Marine3+
Elder3+

 スキルテストを行う場合、D6を振り、このリストの目標値以上の値を出すとテストに成功します。

エースパイロット

 敵機か地上目標を破壊(ダメージでは有りません)する毎に、撃墜(破壊)数を記録します。
 5機以上撃墜(破壊)したパイロットはエースになります。
 5機以上撃墜(破壊)する毎にスキルテストの目標値を-1していきます。但し、2+より良くなることは有りません。

 例) Imperial Navyの戦闘機が敵を10機破壊した。このパイロットはスキルテストに2+で成功する。
   Tauの戦闘機が敵を5機破壊した。このパイロットはスキルテストに3+で成功する。

緊急機動(Emergency Manoeuvres)

 機動カードを使用することでストール(最低速度未満になる)したり、地面に激突してしまうことがあります。この時スキルテストを行います。
 テストに成功した場合、以下のように処理します。

状況降下
ストール速度を最低速度に変更
激突高度1に変更
最高高度を越える最高高度に変更

脱出(Ejecting)

 敵の攻撃や激突により航空機が破壊された場合、パイロットは脱出を試みることが出来ます。
 スキルテストを行い、成功した場合、そのパイロットは脱出に成功し次回以降のゲームで戦うことが出来ます。失敗した場合、パイロットは死亡します。

拡張追尾攻撃(Advanced Tailing)

 敵機を追尾状態にある航空機が追尾射撃を行った後、追尾側プレイヤーは敵機の機動を公開するように要求することが出来ます。
 その後、スキルテストを行い、テストに成功すると自身の機動カードを変更することが出来ます。

ヨーヨー(Yo-yoing)

 これは機体速度を変えずに、移動距離を減少させるテクニックです。
 ヨーヨーを行おうとする航空機はスキルテストを行います。テストに成功した場合、航空機の速度ダイアルを変更せずに、移動距離を2インチ減少させることが出来ます。
 ヨーヨーを行った場合でも、推力調整を行ったり機動カードを使用することが出来ます。また、これによりストールすることは有りません。

連射(Sustained Burst)

 連射するためにスキルテストを行います。テストに成功した場合、2回分の弾薬を消費して、武器の火力を50%増しにすることが出来ます。
 連射は1ターンにつき1つの武器でのみ行うことが出来ます。また、弾薬が2回分残っていない場合、連射を行うことは出来ません。

限界機動(Extreme Maneouvers)

 ゲーム中1回のみ、パイロットは限界機動を試みることが出来ます。
 機動選択時、2つの機動を順番にレコードシートに記載します。1つめの機動は通常ルール通り適用し、その後スキルテストを行います。テストに成功した場合、2つ目の機動も行うことができます。この追加機動は通常ルール通り適用し、高度や速度を調整し、ストールすることも有り得ます。
 この航空機の推力はこの限界機動には影響を与えません。

拡張ルール3 夜間戦闘と悪天候

 このルールを使用する場合、ゲーム開始前にD6を振ります。

D6天候
1-3晴天
4-5悪天候
6夜間戦闘

 夜間戦闘を行う場合、短射程〜中射程までしか射撃できません。また中射程の火力を1/2にします。

 悪天候の場合、D6を振り、雲レベルを決定します。レベルより上の場合通常の射撃ルール、レベル以下の場合夜間戦闘のルールを適用します。
(訳者注:レベルとは何?高度のことか?)

拡張ルール4 地形の高さ

 一般的には地形の高さが空戦に影響を与えることはありませんが、丘や山が航空機に影響を与えることがありえます。これらの高さより上を通過できない場合、斜面に激突し破壊されます。

種別高度
小さな丘1
中くらいの丘3
7まで

 また、これらの地形の上に地上兵器がある場合、射撃可能高度にこの値を加えます。


戻る