Aeronautica/射撃

Sat, 06 Apr 2013 04:34:54 JST (2384d)

空対空射撃

射撃目標

 射撃の目標に出来るのは、

  • 射撃する武器の射界内に入っている
  • 射撃する武器の射程内に入っている
  • 高度差が1以内

の条件全てを満たしている敵航空機のみです。

 射界内の敵モデル1機に対して射撃を行えます。異なる射界を持つ、複数の武器を装備している航空機は、各射界それぞれの敵を狙うことが出来ます。
 同じ射界を持つ複数の武器を装備している航空機は、それぞれの武器を同じ敵機に対して射撃することが出来ます。

射界

 武器の射界と実際の方向の対応は以下の通りです。

正面(Front)正面60°
後方(Rear)後方60°
左側面(Left Side)左側120°
右側面(Right Side)右側120°
全方位(All Around)360°
上方(Up)同高度または自機の高度+1
下方(Down)同高度または自機の高度-1

射程

 目標までの距離はベース間の距離を測りますが、射撃の宣言前に距離を測ってはいけません。
 射撃の結果、距離が足りなかった場合でも弾薬を消費します。

距離射程
0-6インチ短距離
6-12インチ中距離
12-18インチ長距離

 全ての武器が全レンジに射撃できるわけでは有りません。それぞれの武器の射程毎の火力は航空機のデータカードを参照してください。

火力

 全ての武器は3つのレンジ毎の火力を持っています。
 最初の数字は短距離、2番目の数字は中距離、3番目の数字は長距離での火力を示しています。

 武器の火力は、その射程へ射撃する場合に何個ダイスを振れるかを示しています。

命中判定

 火力分のダイスを振り、以下の表の通りに命中判定を行います。

条件目標値
目標が同高度にいる5+
目標が+1/-1高度にいる6のみ

 目標との高度差が2以上有る場合、射撃することが出来ません。

ダメージ

 命中した数だけD6を振り、武器毎に決められたダメージ目標値以上が出ると目標にダメージを与えます。
 1ダメージ与える毎に目標のHitを-1します。残りHitがなくなった航空機は撃墜され、ゲームから取り除かれます。

追尾射撃

 追尾射撃が出来る条件は以下の通りです。

  • 自機のフロントアークから敵機のリアアークへ線が引ける
  • 敵機までの距離が12インチ以内である
  • 高度差が+1/-1以内である
    これらの条件を全て満たしている場合、追尾状態(Tailing)と呼びます。

 追尾している航空機は追尾射撃フェイズに追尾している敵機に対して射撃を行えます。この時、通常の射撃ルールどおりに命中判定、ダメージ判定を行い、弾薬を消費します。

武器のスペシャルルール

追加ダメージ(Extra Damage)

 このスペシャルルールを持つ武器には目標値が書かれています。
 ダメージロールを行う際、出目がこの目標値を越える場合に2ダメージを与えます。
例)ラスキャノンは2+でダメージを与え、「追加ダメージ6」スペシャルルールを持ちます。ダメージロールの際、出目が2-5だと1ダメージ、6だと2ダメージ与えます。

対地攻撃(Ground Attack)

 いくつかの武器は対地攻撃専用です。このスペシャルルールを持つ武器は地上目標を攻撃できますが、飛行している航空機に使うことは出来ません。

対空攻撃(Aerial Attack)

 いくつかの武器は対空攻撃専用です。このスペシャルルールを持つ武器は飛行している航空機を攻撃できますが、地上目標に使うことは出来ません。

空対地攻撃

機銃掃射

 機銃掃射を行うためには以下の条件を満たしている必要があります。

  • 戦闘機であること(一部爆撃機も可能)
  • 高度1であること

 射界や射程のルールは空対空戦闘と同様です。

命中判定

 武器の火力分のダイスを振り、5+で命中します。

ダメージ

 命中した分ダイスを振り、武器のダメージレートに従ってダメージロールを行います。

地上目標への命中

 地上目標はHitが0になった場合破壊されます。
 地上目標のHit数については、一般的な目標の一覧を提示しますが、シナリオで示される場合もあります。

地上目標Hits
軽車両/燃料集積所/駐機している戦闘機1
装甲車両(Chimera, Leman Russ)2
駐機している爆撃機2
Hydra / Manthicore プラットフォーム2
小規模建物2
中規模建物3
駐機場(Landing Pad)3
掩蔽壕(Bunker)/硬目標(Hardened target)4
大規模建物4以上

爆撃

 爆撃を行う航空機は高度3-8の間にいなければなりません。

命中判定

 爆弾を装備している場合のみ爆撃を行えます。
 1つの武器についている爆弾全てを一度に投下します。

高度目標値
3-44+
5-65+
7-86+

 命中した爆弾毎に、通常ルールに従ってダメージ判定を行います。

跳弾

 爆撃はそれほど正確ではありません。目標の近隣にいる地上目標に命中することもあります。
 目標から3インチ以内にいる他の地上目標も命中する可能性があります。命中する可能性のある目標それぞれにD6を振り、2+で命中します。
 跳弾が命中した場合、通常ルールに従いダメージロールを行います。

地対空攻撃

目標

 地対空武器は武器の高度幅内でレンジ内の敵航空機を目標にすることが出来ます。
 この武器の高度幅はどれだけの高さに攻撃が出来るかを示しています。
 地上にいる場合高度は0ですので、Hydraは高度3までの敵を攻撃できますが、もしHydraがレベル1の丘の上にいる場合、高度4までの敵を攻撃できます。
 全ての地対空武器は全方位に射撃できます。

命中判定

 通常の航空機の武器同様に命中判定とダメージロールを行います。
 武器の射程で示されている数だけダイスを振り、6のみで命中します。


戻る