LOKA

Sat, 18 Jan 2014 11:45:32 JST (2131d)
 Total: 7219 

 Lokaの世界では善の軍勢(地と風)が悪の軍勢(火と水)に対して同盟を組んでいます。Lokaは2,3人でもプレイできますが、4人でプレイするのがベストです。
 Lokaのボードの裏面は伝統的なチェスボードになっており、通常のチェスもプレイできます。
 

基本ルール

 Lokaはチェスを元にしたゲームで駒はチェスと同じでチェスのように動きます。チェスのルールを知らない場合は18ページ以降を参照してください。

 しかしながら、Lokaは4人プレイゲームであり、Lokaの基本ルールとチェスは以下の点で重要な相違があります。

  • 黒と白のコマではなく、先攻後攻はダイスを振って決定します。
  • ゲームに勝利するためには、敵のキングを両方とも取らなければなりません。
  • キャスリングはありません。
  • アンパッサンはありません。
  • 3列目に初期配置されたポーンは、最初の移動で2マス進めません。ゲーム開始時に2列目にいたポーンだけが最初の移動で2マス進めます。
  • 対面の盤端の6マスまたは敵エリアの「翼」の3マスのいずれか(図を参照)に到達したポーンはプロモーションします。

ゲームの手順

 Lokaは以下の手順で進めます:
1)戦略&アーミー選択
2)テレインの配置
3)アーミーの初期配置
4)戦闘!

 1)戦略&アーミー選択

チーム戦略の合意

 まず最初に2人のチームを作ります。片方のチームは火と水、他方のチームは地と風を使用します。
 通常、最も上手なプレイヤーと最も下手なプレイヤーが同じチームになるとバランスが取れますが、もちろんランダムに決めたりその他の方法で決定してもかまいません。

 ゲームに勝利するためには敵のキングを両方とも破壊しなければなりません。これを念頭において、各チームは数分かけてどのように勝利を目指すかを討論します。
 明確な作戦は重要です、一度ゲームを開始したら、プレイヤー達はゲームでどうするか討議することを許されません

アーミーの選択

 この手順中に両チームは秘密裡に、それぞれの軍に編入する駒を決定し、紙に記載します。
 Lokaの基本ゲームでは各プレイヤーは合計160ポイントを消費することができ、ゲームに必要だと思うコマを購入します。各チームはそれぞれ160ポイントのアーミーを2つ持つことになります。

 各コマのポイントは以下の通りです。

種別ポイント
キング0
クイーン90
ルーク50
ビショップ40
ナイト30
ポーン10

 コマを選択する際に以下のルールを守らなければなりません:

  • 各プレイヤーは必ずキングを1つ軍に編入しなければなりませんし、1つだけしか含めることができません。
  • 各プレイヤーの軍にポーンは最大10個までしか含めてはなりません。
  • 1つの軍のコマの数は最大16コマまでです。

 Lokaのルールに慣れてきたら、プレイヤー達はもっと大きなあるいは小さなポイントで軍を編成してゲームをしてもよいでしょう。
 Lokaの基本ボックスには各軍250ポイント分のコマが入っています。Lokaの基本セット2つを組み合わせたり、拡張セットを使用したりして様々な組み合わせのコマを使うことができます。
 300,400,500ポイントの軍ならばより幅広い駒の選択や戦術ができます。
 また、プレイヤーの技量が異なる場合、ポイントに差をつけてもよいでしょう。

 2)テレインの配置

 軍の編成が終わった後、コマをボードに並べる前に、ボード上に4つのテレインをランダムに配置します。
 最初に9つのタイル全てを伏せて混ぜ、ボードのわきに置きます。次にランダムに選ばれたプレイヤーがタイル1個をランダムに選び、6×6のエリアの自分側の端に置きます。
 D6を2回振ります。
 1回目の結果は行を示します−出目1は最初の行(あなたの左側から)、出目2は2番目の行、のように。
 2回目の結果は列を示します−出目1は最初の列(あなたの手前から)、出目2は2番目の列、のように。
両方が交わるマスに、先ほど選択したテレインのタイルを配置します。

 1つ目のテレインが配置された後、同様に次のプレイヤー(時計回りに)がテレインを選択し、ダイスを振ってテレインの位置を決めます。
 同様に3番目、4番目のプレイヤーもテレインを配置します。
 既にテレインのあるマスに配置することになった場合、D6を両方とも振り直して、新しい配置場所を決定してください。

 ゲーム中にそれらのタイルを取り除いたり移動させたりしてはなりません。各テレインタイルはゲーム上の特別な効果があります。 ナイトは常に、他のコマを飛び越えるのと同様にテレインタイルを飛び越えることができます。この時テレインの効果を受けません。

例外: マジック・ポータルは常にペアで使用します。あなたがマジック・ポータルを引いて配置した場合、そのマジック・ポータルから最も離れた盤端のプレイヤーが直ちに(手順から外れて)、通常のテレイン配置と同じやり方で、彼の正面の6×6のエリアに2つ目のマジック・ポータルを配置します。
 2つ目のマジック・ポータルはプレイヤーによって配置されるテレインとして数えず、テレインタイルの配置の手順を通常どおり継続するため、ボード上には5個のテレインが配置されることになります。

 

テレインタイルの効果

エイリー(EYRIE:巣)
 ナイトのみがこのマスに進入することができ、他のコマはこのマスに進入したり通過したりすることはできません。
 エイリーを防御しているナイトは1テレイン・ディフェンス・ブーストを得ます。
キャッスル(CASTLE:城)
 ここが空であるかのように全てのコマは進入したり通過したりできます。
 しかしながら、キャッスルを防御しているコマは1テレイン・ディフェンス・ブーストを得ます。キングとクイーンは2テレイン・ディフェンス・ブーストを得ます。
スワンプ(SWANP:沼)
 全てのコマはこのマスに進入できますが、このマスで移動を終了しなければなりません。続くターンに通常通りこのマスから出ることができます。
 このマスに進入した場合(戦闘の結果としての場合も含む)、そのコマはD12を振ります。出目が1の場合、そのコマはゲームから除去されます。このマスに初期配置する場合はこのダイス・ロールを行う必要はありません。
 さらに、スワンプを防御しているコマは1テレイン・ディフェンス・ブーストを得ます。
マウンテン・パス(MOUNTAIN PASS:峠道)
 全てのコマはこのマスに進入したり垂直方向(自軍側と同盟軍側を行き来する方向)に通過したりできます。斜め方向や水平方向には通過できません。しかしながら、ナイトはその位置に関わらずマウンテン・パスのタイルに進入することができます。
 さらに、攻撃側がナイトでない場合、マウンテン・パスを防御しているコマは2テレイン・ディフェンス・ブーストを得ます。ナイトに攻撃される場合はテレイン・ディフェンス・ブーストを得られません。
 
フォレスト(FOREST:森)
 ポーンのみがこのマスに進入したり通過したりできます。他のコマはこのマスに進入したり通過したりできません。
 さらに、ポーンがこのマスを防御している場合、1テレイン・ディフェンス・ブーストを得ます。
レイク(LAKE:湖)
 どのコマもこのマスに進入したり通過したりできません。
 
ストーン・サークル(STONE CIRCLE)
 ルークのみがこのマスに進入したり通過したりできます。他のコマはこのマスに進入したり通過したりできません。
 さらに、ルークがこのマスを防御している場合、1テレイン・ディフェンス・ブーストを得ます。
 
マジック・ポータル(MAGIC PORTALS)
 全てのコマはこのマスに進入したり通過したりできます。
 このマスから移動を開始する場合、2つ目のポータルに味方のコマがいないなら、通常の移動の代わりに2つめのポータルに移動することができます。
 2つ目のポータルを敵が防御している場合、これは戦闘として扱います(ポーンも斜めに攻撃するかのように、ポータルを通過して攻撃できます)。
 コマはポータルを通過して敵を攻撃したり、攻撃や防御をサポートしたりできます。
 さらに、ビショップがマジック・ポータルから移動を開始する場合、2つ目のポータルに敵がいなければ、2つ目のポータルから通常通り移動することができます。

 3)アーミーの初期配置

 テレインの配置が終わった後、選択した軍のコマを他のプレイヤーに見えるように自分の前に並べます。

重要:
 この時点から、各プレイヤーはチームメイトや相手チームの移動について提案するなどの討議をしてはなりません。

 全プレイヤーはD20を振り、誰から初期配置を始めるかを決めます。出目の最も低いプレイヤーが最初に初期配置のルールに従って自分のキングをボードに配置します。
 時計回りの順で隣のプレイヤーが初期配置のルールに従って自分のキングをボードに配置します。3番目、4番目のプレイヤーも同様です。
 その後、時計回りの順で初期配置のルールに従って自軍のコマを1つづつボードに配置します。
 プレイヤーの誰かが他のプレイヤーが初期配置を終える前に全ての自軍のコマを配置し終えてしまった場合、そのプレイヤーの順番を飛ばして、全員のコマの初期配置が終了するまで他のプレイヤーは初期配置を続けます。

 チェスと同様に、初期配置のためにコマを一つ触ったらそのコマを初期配置しなければならず、そのコマを配置したら場所を変更してはならない(どちらの場合でも、初期配置のルールに違反していない限り)ことに注意してください。

初期配置ルール

 コマを配置する際に以下のルールを守らなければなりません:

  1. キングを最初に配置しなければなりません。キングはプレイヤーに一番近い行の好きな場所に配置します。
  2. 次に、クイーン、ルーク、ビショップ、ナイトを好きな順番で配置します。これらのコマはプレイヤーに一番近い行に配置します。1行目のマスが他のコマで完全に埋まっている場合は、2行目の好きなマスに配置します。2行目のマスが他のコマで完全に埋まっている場合にのみ3行目に配置することができます。
  3. 他の全てのコマの配置が終わったら、2)のルールに従ってポーンを配置します。但し、たとえ空いているマスがあったとしてもポーンを1行目に配置することはできません。

初期配置とテレインタイル

 そのコマが進入することができないテレインタイルにコマを初期配置することはできません。そのようなテレインタイルは既に味方のコマに占拠されているとみなします。
 

 4)戦闘!

 全ての軍の初期配置が終わった後、各プレイヤーはD20を振ります。出目が最も高いプレイヤーが初手となります。
 プレイヤー達は敵のキング両方を殺すことでゲームに勝利するまでの間、時計回りの順で自軍のコマを1つ動かします。
 コマはLokaの基本ルールで既に述べた例外事項を除いて、チェスのように動かします。

 Lokaにおいて敵に占拠されているマスにコマを動かす場合、そのコマを「攻撃側」、敵を「防御側」と呼びます。攻撃移動を宣言した後、両プレイヤーはそのコマのダイスを振ります。
 通常振るダイスはD4ですが、「ブースト」数に従って振るダイスをアップグレードします。Lokaのダイスの強さの順は以下の通りです。

 D4 → D6 → D8 → D12 → D20

 ブーストは累積し、攻撃力が上昇します。

ブースト数なし12345以上
ダイスD4D6D8D12D20スーパーD20

戦闘ブースト

チャージ!
 攻撃側は防御側に対して常に1ブーストを得ます。
プラウイス
 コマのコストに依存するランク(クイーン、ルーク、ビショップ、ナイト、ポーン、キングの順)に従い、敵がより低いランクの場合1ブーストを得ます。
アタック・サポート
 防御側のマスに移動することができる攻撃側のコマ1つにつき1ブーストを得ます。
ディフェンス・サポート
 次の移動で防御側のマスに移動することができる防御側のコマ1つにつき1ブーストを得ます。
テレイン・ディフェンス
 防御側がテレインタイルを占拠している場合、1ブーストを得ます。いくつかのテレインタイルはそのルール記述に従って2ブーストを得ます。

戦闘の結果

 どのダイスを振るかが決まった後、各プレイヤーはダイスを振り出目を比較します。

攻撃側の出目が防御側よりも高い
 防御側はボードから除去されます。攻撃側は防御側がいたマスに移動します。攻撃側の移動は終了します。
防御側の出目が攻撃側の出目以上
 攻撃側は撃退され、両者ともその場に残ります。攻撃側の出目が1の場合、攻撃側は防御側に殺され、ボードから除去されます。攻撃側の移動は終了します。
両プレイヤーの出目が1
 相討ちとなり、両方のコマはボードから除去されます。攻撃側の移動は終了します。

スーパーD20

 コマが5以上のブーストを得た場合、D20を振りますが、出目が気に入らなかった場合、相手がダイスを振った後に、ダイスを振り直すことができます。振り直した結果の方が悪くても、振り直した結果を適用します。
 攻撃側と防御側の両方が5以上のブーストを得た場合、より高いブースト数の側だけがD20の振り直しを行えます。ブースト数が同じ場合、どちらも振り直しできません。

同盟コマ

 チームメイトのコマはあなたが動かすことができない他はあなたのコマと同じように扱います。
 つまり、それを攻撃することはできず、相互にアタック・サポート、ディフェンス・サポートを提供します。
 同盟コマを動かすことができないというルールの例外は以下に示す「バック・トゥ・バック」のルールです。

バック・トゥ・バック

 あなたのポーンの1つが同盟軍のポーンと向き合った場合、お互いの位置を入れ替える特別な移動を行うことができます。

キング・デュエル

 キングが敵のキングを攻撃する場合、通常の戦闘とは異なり以下のルールを適用します。

  • 攻撃側、防御側の区別はありません。
  • あらゆるブーストを無視します。
  • お互いにD20を振り、出目が高いほうが勝利(相手を除去)します。引き分けの場合(出目1でも)振り直し、どちらかが勝利するまで続けます。

追加アプローチ

 以降のページでいくつかのLokaのバリエーションを提示します。
 常にLokaのルール全てを使用しなければならない訳ではなく、いくつかのルールを取り除いてゲームを行っても構いません。
 例えば、あなたがテレインのルールを使用したくない場合、その部分のルールを飛ばします。
 あるいは、戦闘システムを使用しないと決め、チェスと同様のシンプルな攻撃ルールを使用することもできます。

フェイス・オフ・LOKA

 通常のチェスボードを使用して2人で対戦します。各プレイヤーは善または悪のキング1つを使用します。
 各プレイヤーは合意したポイント(例えば300ポイント)で軍を編成しますがビショップは40ポイントではなく30ポイントとします。
 各軍は2色のコマを混在させてもかまいませんが、キングは1つしか入れられないことを忘れないでください。
 各プレイヤーはそれぞれ2つづつのテレインタイルを、D8を使って配置します。
 通常のLokaと同様にゲームを行いますが、バック・トゥ・バックのルールは使用しません。また、プロモーションは通常のチェスと同じように行います。
 勿論、ゲームに勝利するためには敵のキングを殺さなければなりません!
 

マッシブ・バトル

 Lokaのボードの裏面には縁取りがありません。複数のボードをつ並べて大きな戦場で大規模な軍同士の激突をプレイすることができます。
 このような大規模なゲームの詳細について拡張セットで扱う予定です。


戻る