WARMACHINE/その他効果

Sat, 06 Apr 2013 04:36:10 JST (2355d)

スペシャルアタック(Special Attack) [Prime P.48]

 モデルの特殊能力としてスペシャルアタックの記述がある場合、通常の白兵戦攻撃か射撃の代わりにスペシャルアタックを行うことが出来ます。
 フォーカスポイントを消費して、スペシャルアタックの後に同種の通常の攻撃を行うことが出来ます。

 パワーアタックはスペシャルアタックの一種ではありますが、チャージ移動の後に行うことが出来ません

後方からの攻撃(Back Strike) [Prime P.48]

 モデルがアクティベーション中ずっと目標のバックアーク(Back Arc)にいる場合、白兵戦/射撃/魔法攻撃のアタックロールに+2のボーナスを得ることが出来ます。
 そのアクティベーション中に、目標モデルのフロントアーク内に進入した場合、(目標モデルは相手に気がつくので)ボーナスを得ることは出来ません。

落下(Falling) [Prime P.48]

 スラム、プッシュ、その他の理由により高さのある地形から1インチ以上の高さを落下した場合、ノックダウンダメージロールを受けます。
 落下距離が3インチ以内の場合、POW値10のダメージを受けます。落下距離の追加3インチ毎(切り上げ)にダメージロールにD6を追加します。

  • 例) 7インチの高さから落下した場合、 4D6+10 のダメージを受けます。

静止目標(Stationary Target) [Prime P.49]

 ノックダウン、移動不能(immobilized)、イナート状態(inanimate)のモデルは静止目標になります。
 静止目標になったモデルは、移動、アクション実行、スペルキャスト、FEAT使用が出来ず、オーダーを受けることもできません。

 静止目標になったモデルは、接敵攻撃を行うことは出来ません。
 静止目標になったウォーキャスターは、配下のウォージャックへフォーカスポイントを割り振ったり、スペルのアップキープをすることが出来ます。
 静止目標になったウォージャックは、フォーカスポイントを受け取ったり、能力があればチャネルスペルを行うことが出来ます。
 
 静止目標に対する射撃や魔法攻撃は目標のDEF値5としてアタックロールを振ります。

 静止目標は白兵戦状態になることはありません。静止したモデルは接敵することはなく、他のモデルが静止目標に接敵されることもありません。
 静止したモデルは白兵戦レンジを持ちません。

ノックダウン(Knockdown) [Prime P.49]

 ノックダウンしたモデルは静止目標(Stationary Target)として扱います。
 但し、ノックダウンしたモデルはチャネルスペルを使用できません。
 ノックダウンしたモデルは、ラインオブサイトを妨げず、カバーやコンシールメントを提供しません。
 ノックダウンしたモデルに対する攻撃は全てフロントアークからの攻撃として扱います。
 
 ノックダウンしたモデルは投げられる(Thrown)ことはありません。[Errata]

 ノックダウンしたモデルは、次のアクティベーションフェイズに立ち上がります。但し、コントロールプレイヤーのターンにノックダウンした場合、このターンにまだアクティベートしていない場合でも、次のアクティベーションフェイズまで立ち上がることが出来ません。
 
 立ち上がる場合、好きな向きを向くことが出来ますが、そのターンの移動かアクションのどちらかしか出来ません。
 移動を行う場合チャージやラン移動は出来ません。アクションを行う場合スラムを行うことは出来ません。
 立ち上がることはフリーストライクを引き起こしません。

ソウル(Souls:魂) [Prime P.50]

 リビングモデルはソウル(Soul)を1つ持っています。リビングモデルが破壊された場合、そのモデルに最も近いモデルがソウルトークンを得ます。

自動効果(Automatic Effect) [Prime P.52]

 その機能を使う場合、自動的に効果を適用します。

クリティカル効果(Critical Effect) [Prime P.52]

 アタックロールでクリティカルヒットを出した場合(出目が命中となるゾロ目を含む出目)、その効果を適用します。

継続効果(Continuous Effect) [Prime P.52]

 モデルは複数の継続効果を一度に受けることがありますが、同じ継続効果を複数同時に受けることはありません
 継続効果を受けているモデルはメンテナンスフェイズにD6を振り、1か2が出た場合その効果が終了します。3-6の場合、直ちにその効果を適用します。

クラウドエフェクト(Cloud Effect) [Prime P.52]

 クラウドエフェクトは、ベースがAOEテンプレートに掛かっているモデルと、テンプレートの向こう側に居るモデルに効果を及ぼします。
 クラウドの効果として、射撃や魔法攻撃に対してDEF値を+2します。これはカバーやコンシールメントの効果と累積します。
 クラウドエフェクトの中のモデルから外のモデルに対しては影響を与えません。
 クラウドエフェクトの外に居るモデルが、クラウドエフェクトの向こう側のモデルに対しては障害物(Obstruct)として視界を妨げます。つまり、中と外との間は見ることが出来ますが、クラウドエフェクトをはさんだ向こう側への視界を妨げます。


戻る