その他ゲーム/Travel Battle の変更点


 *ルール抄訳
 
 **旅団
 各プレイヤーは自軍の軍勢を3つの旅団に分割します。各旅団は旅団長に率いられます。
 ここに、軍勢を旅団に分割した例を2つ挙げます。
 
 **プレイの手順
 ・各プレイヤーはボードを1枚選択する
 ・各プレイヤーはD6を振り、出目の高い側が自分のボードを左右のどちらに配置するかを決定する。
 ・お互いにボードを配置する
 ・各プレイヤーは、軍勢を3つの旅団に分割する
 ・ダイスを振りどちらが先に、自軍盤端に最初の旅団を配置するかを決定する
 ・交互に旅団を配置する
 ・ダイスを振り先攻後攻を決定する
 
 ・先行側プレイヤーは全ユニットを移動させることができる
 ・先攻側プレイヤーは射程内に敵のいる砲兵の射撃を行える。目標に結果を適用する
 ・先攻側プレイヤーは敵ユニットと接触している場合、接近戦を行い、結果を適用する
 ・先攻側プレイヤーは前のターンに射撃や戦闘の結果でプッシュ・バックしたユニットの向きを戻す
 ・後攻側プレイヤーは、同様に上記4つの手順を行う
 
 **セットアップ
 各プレイヤーは戦場ボードを取り、隣り合うように配置する。
 D6を振り、各プレイヤーのボードをどの向きに配置するかを決定する。ボードの裏に記載されている数字に従う。出目が5か6の場合、プレイヤーが好きな向きにボードを配置する。
 
 軍勢を3つの旅団に分割する(前ページ参照)。
 
 プレイヤーは、自軍側盤端に交互に旅団を配置する。お互いにD6を振り、どちらが先に最初の旅団を配置するかを決定する。
 その後、交互に、自軍側盤端から2列目までのマスに、1個旅団を配置する。
 
 先攻後攻を決定するダイスを振る。出目の高い側が先攻となる。
 
 **移動
 ・歩兵/砲兵 1マス
 ・騎兵/旅団長 2マス
 ※道路から移動を開始し、道路で移動を終える場合、追加で1マス進める
 ※ユニットは、前進、後退、側方移動、斜め移動を行える
 
 旅団長を含む、旅団の全ユニットは角ででも接触していなければならない。
 移動(フェイズ)の開始時に旅団長と連なっていないユニットは移動できないが、攻撃されれば接近戦を行え、砲兵は射撃を行える。
 歩兵のみが森を通過できる。1マスに1ユニットのみである。
 
 オープン地形ならば(建物や森でない)、歩兵は1マスに2ユニット進入することができる。これは共に移動や戦闘を行うことを意味しているが、砲兵に射撃を受けた場合、砲兵の1回の出目の効果を両方のユニットが受ける(後述)。
 
 **砲兵
 砲兵は移動するか、射撃を行える。砲兵の射程は最大6マス(斜めのマスも数える)である。
 D6を振り、距離6の場合は出目6、距離5の場合は出目5,6、のように命中判定を行う。
 
 砲兵が敵ユニットと隣接している場合、歩兵の戦闘と同様にダイスを1個振る。
 
 砲兵が射撃をする場合、丘、建物、その他妨害するユニットに邪魔されずに、目標の半分以上が見えていなければならない。
 砲兵に隣接している敵ユニットがいる場合、それは接近戦とみなされ射撃を行えない。
 砲兵は、砲または目標が丘の上にいる場合、より高い丘が途中にない限り、射線の途中にいるユニット越しに射撃を行える。
 
 接近戦中、または適切なユニットでない場合、砲兵は射撃を行えない。
 「方陣隊形」のユニットまたは同一のマスに2ユニットいるマスが目標の場合、(射程ではなく)ダイスの出目に+1する。
 
 砲兵の効果
 D6を振る。目標が建物または森にいる場合、出目にー1する。
 1−3:効果なし
 4:ユニットは次のターン移動不可。ユニットの向きを反対にする
 5:盤端に向かって移動し、再集結のためのダイスロールを行う。失敗した場合、そのユニットは除去する
 6:ユニットは除去される
 
 **接近戦
 敵ユニットと接触している各ユニット(旅団長は戦闘を行わない)は、敵ユニットに対してD6を振る。複数の選択肢がある場合、攻撃側はどのユニットがどの敵ユニットと戦闘を行うかを選択する。ユニットは角同士が接触している場合でも接触しているとみなす。
 
 ダイスを振り、出目を比較する
 
 差分なし:次のターンも戦闘を継続する
 差分1:敗北側プレイヤーが1ユニットを1マス後退させる。ユニットの向きを反対にする。これは敵ユニットを後方に押し返したことを表している。
 差分2:敗北側は1戦闘ユニットを最寄りの盤端に向かって移動させる。旅団長が巻き込まれなかった場合、再集結ダイスを振り、失敗したら除去される。
 
 差分3以上:敗北側ユニットは除去される
 
 近衛歩兵や重騎兵が接近戦を行った場合、ダイス1個を振りなおすことができる。両プレイヤーが振り直しを行える場合、防御側が先に、振りなおすかどうかを決定する。
 
 建物内の帆比叡ユニットは防御時に振るダイスを1個追加する。
 方陣ではない歩兵ユニットだけに対して接近戦を行う騎兵はダイスを1個追加する。
 
 方陣を組んだ歩兵は、騎兵のみと戦闘する場合、ダイスを1個追加する。
 方陣を組んでいない歩兵が方陣を組んだ歩兵のみと戦闘する場合、ダイスを1個追加する。
 
 敵ユニットが旅団長のいるマスに進入した場合、旅団長は戦闘を行わず、1〜2マス離れる。
 
 **再集結
 砲撃や戦闘の結果に打ちのめされて盤外へ向かっているユニットは戦場から離脱する前に立ち止まる機会がある。D6を振り、出目が4−6(近衛歩兵の場合3−6、砲兵の場合5−6)の場合、そのユニットは盤端で停止する。そのユニットは、プレイヤーの次のターンに向き直り、旅団長がたどり着いたなら、前進を再開する。
 
 **方陣
 方陣は歩兵が騎兵から自らの身を守るベストの方法である。歩兵がこれを行うためには、移動せず、同じマスでナナメにユニットを配置する。方陣を解除するためには隊形変更のために1ターンを使用する。
 方陣形成は、森、建物、他のユニットがいるマスでは行えない。
 
 **勝敗
 敵の2旅団を壊滅させた側が勝利する。
 
 
 
 ----
 [[戻る>../]]